美容外科とは

美容外科と聞いてもどんな医療を受けられるのか分からない方も多いのではないでしょうか。
逆に美容整形はイメージしやすいと思います。
美容整形とは体の健康状態に問題はないが、キレイになるために医療行為を受けることです。
実は、美容外科と美容整形は言葉が違っているだけで、治療内容に違いはないのです。

現代医療の進歩において、民間の開業医の中で発展を遂げたのが美容外科です。
美意識の向上を目的とした美容外科では、皮膚科や眼科などさまざまな分野の専門医が集まり日々研究を重ねています。
美容外科では健康保険がきかず医療費が全額自己負担となっていますが、治療によって見た目だけでなく心の問題も解消させるなど大きなメリットがあります。
また昔と比べて手軽に施術が受けられるようになり、注射だけのプチ整形もあります。
数ある美容外科の施術の中で最もポピュラーなのが、二重まぶたの手術です。
これもプチ整形の一つで、糸をまぶたの裏にはり、抜糸の必要が無く、手軽にぱっちり二重にすることができます。
この他にも美容外科では、肌トラブルで悩んでいる人やアンチエイジング、鼻やフェイスラインの整形、豊胸やバストアップ、脂肪吸引や痩身など体のラインに関する部分のお悩みを解決できます。
見た目だけでなく、多汗症やワキガなどの体質の悩みも解決できます。

美容外科では、「キレイになりたい」人のどんな悩みも解決してくれる病院なのです。
当サイトでは、美容外科でも人気のプチ整形と頬のたるみ改善について詳しくご紹介します。